Shanti Coffee Farm
最新のビデオ

More
珈琲の品質・味は農業から始まる。大切なのは真面目に作ること。
  Nepal

 ネパールは大ヒマラヤ山脈の核心部に沿った東西に細長い国土を持ち、北は中国(チベット自治区)、南はインドと国境を接している。ヒマラヤのイメージが先行してしまうためか、険しい山岳地帯ばかりを想像しがちだが、実際のネパールの自然は、実に多様で変化に富んでいる。地球上で見られるあらゆる自然景観が、この小さな王国の中に詰まっていて、ないのは海だけだといっても過言ではない。

 ネパールの国土は北緯27〜30度あたり、日本でいえば小笠原諸島や奄美大島とほぼ同じ緯度に位置し、気候的には亜熱帯地域に属している。東西約850キロ、南北約200キロ、14万3650平方キロの国土は、日本の5分の2弱、北海道の2倍ほどの広さをもっている。

 南北200キロというと東京から福島県の郡山あたりの距離だが、実にこの間に標高8848メートル、世界の最高峰エべレストから、標高200メートルほどの低地(インド国境沿いに広がるタライ平原)までの千変万化の地形や気象帯が存在する。

 自然だけでなく、ここに暮らす民族もまた実に多様だ。大きく見ればアーリア系とモンゴロイドの2つの人種、言語的には次の5つの民族に大別できる。インド・ヨーロッパ語系のパルバテ・ヒンドゥー(山地に暮らすヒンドゥー教徒)と北インド系住民(タライに暮らす低地の民)は、彫りの深い顔立ちをしたアーリア系民族で人口の約6割を占める。残りの約4割がモンゴロイドで、タマン、グルン、タカリーなどのチベット・ビルマ語系の諸民族、カトマンドゥ盆地の先住民であるネワール族、そしてシェルパ族をはじめとするチベット系諸民族だ。

 宗教的には国教とされるヒンドゥー教が中心だが、主としてチベット系諸民族に信奉されているラマ教(チベット仏教)や土着信仰、インドの古い仏教の流れも色濃く残っている。また、多く多重信仰やヒンドゥー教と仏教や土着信仰との融合も随所に見られる。

 たぐい稀な自然景観と優れた文化遺産が旅行者を魅了するネパールだが、この国が世界で最も貧しい国の一つであることも知っておきたい。国土の大部分が険しい山地であり、耕地が少ないこと、そして交通手段は徒歩に頼らざるを得ないという過酷な環境が、国の発展を阻害している最大の要因だろう。山地の村々では医療や教育も今なお十分とはいえず、そこに暮らす人々の多くは今でも自給自足の農業を糧としている。工業製品のほとんどはインドや中国をはじめとした諸外国からの輸入に頼っていて、観光産業以外はまだまだ立ち遅れている。

 ちなみに日本はネパールへのODA(政府開発援助)の最大の援助国となっているが、金額よりも援助の質を高めることがこれからの課題といえるだろう。また最近では都市(特にカトマンドゥ)への急速な人口集中が進み、それにともない大気汚染などの公害も問題化している。